忍者ブログ
DJ TAKUYA OFFICIAL BLOG
[22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも~最近また部屋のディスプレイやら配置などコツコツ整理して綺麗にしていっている者です!!


一年に何回か配置換えするんですが終わるまでは部屋に入れません!!


ボチボチ今週中に終わらせる予定となってます。


家に来る人はビックリしないでクリクリ~~~


かなり広く感じると思い~~魔ッスル!魔ッスル!!


ってことでこんなおかたずけスティーローーな感じな時はこんな曲聴きながらかたずけしてます。


◆今日の一枚


【UGK】


『Underground Kingz』


テキサス出身のthe Underground Kingz略してUGKを名乗るPimp CとBun Bの2人組みグループ。「サウス」という言葉が一般化するはるか以前、80年代末には"Banned"をリリースしていた超ベテラン。すぐにJiveとの契約を果たしていた2人は1992年、アルバム"Too Hard to Swallow"でメジャーデビュー。その後も"Super Tight"(1994)、"Ridin' Dirty"(1996)、"Dirty Money"(2001)、"Side Hustle"(2002)と安定したリリースを重ねてきた。


彼らの人気が高まる時期に大きな注目を集めていたウエストコーストのギャングスタ・ラップと歌詞の内容、トピックなどは共通したハードコアなものだが、そのサウンドはより泥臭い、南部の空気をにじませるもので、Geto Boysらと並んで同地域の先駆者的存在となった。


2003年、ピンプ・Cが火器による加重暴行罪で服役した後、バン・Bはソロでの活動を継続、ミックステープアルバムなどをリリースし、一方のピンプ・Cも獄中からソロアルバ"Sweet James Jones Stories"をリリース。その後、2005年末にピンプ・Cは出所を果たしている。


2007年発売の『Underground Kingz』が全米で発売第一週に160,000枚を売上げ、ビルボードアルバムチャートで初登場1位を獲得した。
バンBのタイトなフロウとピンプCのファンキーなラップは唯一無二の存在。大ボリュームの内容は、すでに全体がクラシックとなりだれも文句のつけようがない。おそらくこの先ビギーや2パックとともに永遠に不変の名作としてヒップホップ好きに語り継がれていくでしょう。


2007年12月4日ピンプ・Cが、滞在していたLAのホテルで遺体となって発見された。享年33歳。同日の早朝に、地元の消防隊員が緊急コールを受けて駆けつけたが、発見時にはすでにベッドの上で亡くなっていたという。今のところ死因については明らかになっていない。


これからが楽しみだっただけに悲しすぎる。R.I.P PIMP C。


PIMPC,UGK 4EVER!!



そして~最近立ち上げたコミュニティにも是非是非も皆さん参加協力お願いします!!


◆DIAMONDS@F.A.P


http://mixi.jp/view_community.pl?id=3382504


宜しくお願いします~


影道雷神拳!!!!(リングにかけろ)より・・・




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
DJ TAKUYA
年齢:
40
性別:
男性
誕生日:
1977/06/03
職業:
魔界村・村長
趣味:
ナパームストレッチと回転
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[08/21 クライゼル]
[08/14 さs]
[03/31 xcdss]
[02/21 DJ ]
[01/30 ブランドコピー]
>
バーコード
フリーエリア
忍者ブログ [PR]