忍者ブログ
DJ TAKUYA OFFICIAL BLOG
[206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

う~んまんだむ!!!

あたいの愛車YB-50が入院することになりました。

結構重症みたい・・・・

キックが力かかんないんだよね~~~

なんだか寂しいかぎりです。

早く退院してきてくれる事を願いながらこんな曲を聴いて気持ちを落ち

着けさせたいと思います。

◆今日の一枚

【SMILEZ & SOUTHSTAR】

『tell me』

『Now that your gone』

『good luck』

フロリダ出身のラップ・デュオ、スマイルズ&サウススター

彼らはアンダーグラウンドのフレイバーとクロスオーバーなサビとを融

合させ、地元オーランドでジープに乗りながら聴くのはもちろん、NYの

クラブでもカリフォルニアでもヒップホップ・へッズたちを熱狂させる

スタイルを確立している。お互い地元の人気DJたちのミックステープな

どでフリースタイルを披露したり、ジャ・ルール、ジェイダキッス、

D12、ビートナッツ、モブ・ディープといったアーティストたちがオーラ

ンドでショーをした際のオープニングなどを努めたりしながらそのスキ

ルを磨いていった

デュオとして活動するきっかけとなったのはその数年後にオーランドを

本拠地とするトランスコンティネンタル・レコーズのプロデューサー、

ダカリ(O-タウン、LFO、95 サウスなどを手がけた)のアドバイスによ

るものだった。

NYのブロンクスで育ったスマイルズは幼いころからエンターテイナーを

夢見ていたという彼が17歳のときに母親とともにオーランドに移住。

フィリピンとチャイニーズの血を引くサウススターはハワイに生まれLA

で育った。LAの地震がきっかけで家族とニュー・ジャージーに移住、15

歳のときにオーランドに移った。オーランドに移るとすぐにヒップホッ

プに傾倒しはじめ、自分のMCとしての才能に気づきはじめたという。高

校を卒業するとストリート・プロモーション/マーケティングをする会社

に就職し、ヒップホップ・ビジネスを学んだ。

そんな彼らのデビュー・アルバム『Crash The Party』からはまずファー

スト・シングルの「Who Wants This」がスマッシュ・ヒット、彼らの名

前を一躍ひろめた。2003年になるとソウル・クラシックの定番「Stop、

Look、Listen To Your Heart」をサンプリングし、ボーカルにビリー・

ローレンスをフィーチャーしたセカンド・シングル「Tell Me」が全米チ

ャートTop30に入る大ヒット。ヒップホップがボーダーレスであることを

証明した。

そんな彼らの秀作3作品は是非是非~~~

check!!!!!


『tell me』




『Now that your gone』




『good luck』




◆風魔音ノ巻

・風魔の音源、映像をご紹介します。

http://fumakakurezato.blog.shinobi.jp/


◆DIAMONDS@F.A.P

・毎月第3金曜日レギュラーイベントコミュニティー(MIXI)

http://mixi.jp/view_community.pl?id=3382504



ヨロポクモン


夜霧のワイルドバクトby棺桶配達人ダーティーバロン



(キン肉マンより)…



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
DJ TAKUYA
年齢:
40
性別:
男性
誕生日:
1977/06/03
職業:
魔界村・村長
趣味:
ナパームストレッチと回転
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[08/21 クライゼル]
[08/14 さs]
[03/31 xcdss]
[02/21 DJ ]
[01/30 ブランドコピー]
>
バーコード
フリーエリア
忍者ブログ [PR]